この茶葉、どこから来たの?

アーユボーワンお願い 

今日は週末でリフレッシュするため、

いつもtea bagで淹れている紅茶をtea leafで淹れてみました  

勿論、スリランカの紅茶を「セイロン・ティー」

一括りで言ってもどこで採れるかにより種類が異なります。 

大きくわけて3つ、です。

ハイ・グロウン      高地 
ミディアム・グロウン  中地 
ロー・グロウン      低地

ハイ・グロウンなら、

ヌワラエリヤが有名ミディアムキャンディ

そして、ロー・グロウンは今日私が飲んだ、

ルフナ(現在はこの周辺をサバラガムワと呼ぶのだそう)。  

違いを簡単に言うと、

高地の茶葉方が、色も明るく(ゴールド)薄め。

低地になると、味に深みがあり力強く、色も濃いめ。

ミルクティー向きとも言われます。  

こうやって、味を楽しみながら、

どんな産地からやってきた茶葉なのか考えるのも楽しいですね。

 家にいる時間が前より多い最近、是非、紅茶を取り入れてみてくださいグリーンハート(カフェインの取りすぎには注意) 

今日もお読みいただき有難うございましたお願い

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当店は完全予約制です。

予約
施術メニュー
スリランカ占星術

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

PAGE TOP