5000年以上も前にインドはヒマラヤで誕生した、世界最古の伝統医学で「生命の科学(=より健康に生きる知恵)」とも呼ばれます。
「スリランカ式アーユルヴェーダ」は、インドで生まれたアーユルヴェーダとスリランカの先住民族から代々伝わってきた(スリランカ独特の効果の高い薬草などを使った)伝統医療が融合されたものであるため、高い効能や期待されるとも言われています。

PAGE TOP