ドクターのアドバイスで●●を止めました

アーユーボワンお願い

先日、ドーシャ(体質)の話をしましたが、

ドクター・ディネッシュによると

体にドーシャがあるように

性格にも

それらのエネルギーは関連するのだと教わりました。

私はドクター・ディネッシュのいる

Jetwing Ayurveda Pavilionsには、

ドクター・ディネッシュの奥様もドクターとして勤務しおり、

へプライベートで12回ほど訪れている

(仕事を足すともっと)私の性格のことを

彼らはよく知っている・・・

アーユルヴェーダ医師は

カウンセリングなども大学で学んでいるので、

日本で暴走気味の私は、スリランカについて彼らの顔を見ると

思わずドワっと涙がでてきてしまうこともあった。

そして何度も私に必要だと言われた

「マインド・リラクゼーション」

当時、気持ちを切り替えるのにジムに通っていた私に

(ランニングマシーンのヘビー・ユーザー)

ドクターから言われたもの

「あなたはピッタ(火)とヴァータ(風)。

それが乱れているのに、

走って熱を上昇させてどうするの?!

沈静化させなさい。」

確かに私はジムで走りながら

「こんちくしょー!あの予算、絶対ヒットさせてやるー」

っと思っていました。

汗かいてすっきりした気分でいましたが

頭がノンストップで回っていたな、と実感。

常に肩があがっている状態です。

だから肩こりも半端ないし、

息も浅い(結構止めていることもある)。

そう言われたから、

ジムを退会し、ヨガにかえました。

レッスン中は呼吸に意識をして行うことで

仕事のことも考えないし、

「常に全力疾走して常に頭が目いっぱい!

ちょっと突っついたら爆発しそう!」

という状況はなくなりました。

私より、年下なのに兄・姉のような存在のドクターです。

本当は両親、と言いたいけど…失礼かな・・と爆  笑

自分の性格や思考のクセにも目を向けて、

”マインドフルネス” を意識してみると

面白いですよイエローハートラブラブ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP