スリランカと言えば「セイロン・ティー♪」

アーユーボワンお願い

セイロン・ティーとは「スリランカ産の紅茶コーヒー」のことをさします。

それは、スリランカの前の国名

「セイロン」(※1972年まで)

から、そう呼ばれています

そんな名前が日本でも認知されているほどなので、

スリランカで飲む、または買う紅茶って

とっても美味しいラブラブ

というのは想像つくと思いますが・・・

なぜって?

それはとってもフレッシュだからイエローハーツ

「お茶」「ハイ・ティー」で有名な国、とあげると

イギリスや、香港?などになると思いますが、

考えてみると、どちらも茶畑ってないんですよね目

そう、どこからか輸入してブレンドしているんです。

でも、スリランカでは、

ダイヤグリーン自国で摘んで、

ダイヤグリーン萎凋(水分を飛ばす)して

ダイヤグリーン揉捻(揉まれる)されて、

ダイヤグリーン茶葉の大きさによってふるい分けられ、

ダイヤグリーン製品化まで

を一貫にされたものが売られています。

お茶が摘まれてから紅茶乾燥した「茶葉」になるまで、

大体1-2日で終わると言いますが、

(スリランカに行くと、茶摘み体験や、紅茶工場を見学できますよ)

茶畑のある原産国からブレンド国を通り

日本に紅茶が届くまでは

実は、約半年ほどかかるんです。

こう見ると、スリランカで飲む、購入する紅茶が

どれだけ新鮮か、お分かりいただけるかと思います。

私もそんなに紅茶好きではなかったですが、

この自粛生活の中で、紅茶を飲むようになって

ブレンドされていない、

スリランカ産の紅茶がいかに美味しいかチュー

思い知らされました。

そう、今日はちょうどスリランカで購入していた

紅茶のストックがなくなったので、取り寄せた紅茶が届きましたハート

嗚呼、よい香り~ラブですグッ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当店は完全予約制です。

予約
施術メニュー
スリランカ占星術

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

PAGE TOP