「ドーシャ」と「プラクリティ」

アーユーボワンお願い

アーユルヴェーダでは、身体と心には、

3つのエネルギー

 ↓

①ヴァータ(風台風) 

②ピッタ(火炎) 

③カパ(水タラー

が存在すると言われ、「ドーシャ」

これらエネルギーのことを指します。

  1. ヴァータは「風のエネルギー」。 冷たい、乾燥、軽い、不安定、流動的な性質
  2. ピッタは「火のエネルギー」。 温かい、やや油性、軽い、鋭い性質。
  3. カパは「水のエネルギー」。冷たい、油性、重い、安定した性質。

人間は受精をして命が誕生したときに、

このエネルギー(ドーシャ)のバランスが決まり、

その体質のことを

「プラクリティ」と呼びます。

この「プラクリティ」は

3つのエネルギー(ドーシャ)の比重

によって、

「ピッタ・カパの体質」、「ピッタ・ワータの体質」などと分類され、

その種類は大きく7つの種類が存在します。

その中で、

3つのエネルギーを同等にもっている人の体質を

「トリ・ドーシャ」と呼びますが、

全てが同じ位のバランスのエネルギーを持つ人は

大変稀だと言われていますランニング

ちなみに、

私のプラクリティは ピッタ / ヴァータ 。

火のエネルギーが一番多く、

次にくるのが風のエネルギーです!

この「プラクリティ」を判断するには、

ドクターによる診断が必要、

というのは前回のblogでお伝えした通りです乙女のトキメキ

※ちなみに、

風のエネルギーは「ヴァータ」と書きました。

英語で書くと「Vatha」であるため、多くの日本語では「ヴァータ」と使用されていますが、スリランカ人に発音してもらうと「ワータ」の「W」音になっていました。なので、ワータ、と書かれている場合もあります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP