ホテル- Jetwing Ayurveda Pavilions(おまけ)

アーユボワン🙏

過去3回にわたりより紹介してきました
アーユルヴェーダ専門ホテル、

Jetwing Ayurveda Pavilions
について

 

下記の内容にて、
3本シリーズでお送りしました!
(↓クリックしていただくと該当blogへ飛びます)

❶基本&客室情報

❷ホテルでの過ごし方(到着日)

❸ホテルでの過ごし方(施術日)

が、今日は「おまけ」で個人的に

私がこのホテルが好きな理由

を語らせていただきますね♪
 


このホテルの魅力は、
アーユルヴェーダ専門ホテル、というだけあり、
施術だけでなく、トータル的に見ても、
スリランカの本格的なアーユルヴェーダを
体験することが可能であるところ
にあると思うのですが、

それ以外でも、私がここに帰る理由・・・
それは、



です。



話が少しずれますが、
以前勤めていて、今も大好きなエアラインが
掲げていた好きなスローガンがあります
People. They make an airline 
(キャンペーンMoiveは⇒こちらからどうぞ)
つまり、そこで働く人々が
その会社(エアライン)を築いているのだ

という意味なのですが、

このJetwing Ayurved Pavilionsも

同じ、だと感じています。

スリランカでは、
このホテルに限らず、旅行業の人に限らず、
海外旅行の経験がある人はほんの一握り。
ましてや、デラックスホテルに泊まる人は
更に一握りでしょう。


なので、お国柄もあり、
他の海外のホテルに比べようとすると、
私たちがイメージするような

「サービス・スタンダード」の
基準が大きく違うので、比べにくい、
というのが実情かと普段から思っています。


更にJetwing Hotels Groupは、

地域社会への貢献、という意味でも
●(そのホテルの)地元の活性化
●若い人たちの教育

を大事にしているホテルで、
スタッフも比較的若い人が多い。
となると、Hotelierとしての経験も短いわけです。
 

でも、
このホテルはここがピカイチなんですよ、と

言える・言いたい叫びたい!!
のが、
●ホスピタリティ、
●人の笑顔
●純粋な心 、
です。

このホテルには
英語の得意な人、そうでない人、様々ですが、

皆んなに「人懐っこさ」を感じます。


特に何ってされなくても
人の笑顔や美しい心からは

ポイティブなエネルギーがもらえる、

と私は思うのですが
それが、ここにはあるんです。


それが、
私のリピートする、
ソウル・ホーム、と呼ぶ
理由。


少しご紹介しますね。


🟡シェフ、ロハン。人見知りの私(笑)がようやく2人でも話せるようになった。ホテル内でシェフを見つけると、何してるか見るために後ろをついて歩いても嫌がらない😝

🟡

大晦日の夜のキッチン。何か用事があって声をかけると、皆んなシャイ。。。でも優しくて、シェフやマネージャーを一生懸命になって探してくれる

😀
🟡

日本で留学&働いていたことのあるキッチンスタッフ、イシャン。日本語ペラペラです。日本語以上にすごいのは、陸上でかなり賞をもらっていた(らしい)こと。

🟡シャイだけど、施術の圧は全然シャイではない(笑)強いセラピスト達。シンハラ語アクセントで「アヤコサン」と呼ばれるのが気持ちいい(変?)。

男性セラピストはやはりシャイかも😚

🟡

あるイベントでセラピスト達にネイルをしてあげる企画があった時、完成した爪を写真におさめているところ。皆んなの笑顔がかわいい

🥰

🟡ホテルスタッフ皆んなにケーキを手配して食べてもらったところ。30人くらい?集まってくれました。人気なケーキはチョコレートケーキらしい。2切れ食べてくれた男の子もいました。仕事に戻っていく時、握手して「ありがとう」と言って感謝の意を示してくれたスタッフが何名かいて、ジーン、ときました😭

ケーキカットをしてくれているのは、私より年下なのにいつも落ち着いていて、声が素敵なクリシャーニ❤️

🟡

私がこのホテルに通い始めた頃からいるレストラン・スタッフのヒシャン。小柄で細いけど、もうこのホテルではベテランさんですね。

ここに載せたのは、カメラに写真のあった

ほんの一部のスタッフです。

I miss them all !!!!


沢山の大事な仲間のところへ
早く戻れる日を夢見て。

お読みいただき、有難うございましたお願い

注意スリランカは現在、入国ができない状況となっており、空港再開予定日など含め、詳細はまだ発表されておりません。旅行の目途が立たないかもしれませんが、もし、こちらのホテルに関して・・・など、お役に立てそうなことがありましたら、
DMでお待ちしております。
 ホテル概要

⬛︎ホテル名   :   ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パヴィリオンズ (Jetwing Ayurveda Pavilions
⬛︎エリア       :   ネゴンボ(空港から車で20~30分)
⬛︎TEL          :   国番号 +94(0)  31 2273253⬛︎目安料金  :   エアコン付きのクラシックルームで1泊 (3食、トリートメント1回、ヨガつき) USD200ドル~でした(※2)。🔸※1 深夜到着の場合は到着日の食事が‐1回になります。料金は変わりません。🔸※2 シーズンによって、また、今回のコロナで大分状況など変わると思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP