あなたのドーシャ、チェックの度に変わりませんか?

アーユボーワンお願い

アーユルヴェーダと言ったら
皆さん「自分のドーシャはなんだろう?」
ドーシャチェックをする方が多いですよね


でも、そのドーシャ・チェック、
毎回結果が変わったりしませんか?

なぜって?  

それは本来、何年も勉強と経験を積んだ
ドクターだからこそできるもので、
「チェック・リスト」だけでは

”厳密には”診断できないものだから。
※ドクターが拒否反応をしめした時の話、

コチラで書いています。
 

下三角ローカル向けアーユルヴェーダ・クリニックのドクター


私が問診の通訳に数十回と入ったなかでも、
ドクターがドーシャを伝えていないこと、

何度もありました。
 


問診では、
宝石緑今の症状の改善策や、
宝石緑今後起こりうる病気、

宝石緑気を付けた方がよいもの・コト
をメインを話していました


ドーシャを言うとしても、

最後に付け加える程度。
 


ドクターとオフでお喋りしていても

ドーシャについてドクターふっても
に乗ってはこない(笑)それは、

「ドーシャによってこうすべき」

というよりも、
「一つ一つの症状に向き合う」
「原因を認識し、対処していく」

ことが大事だから、のようです。


だって

同じドーシャ(プラクリティ)の人でも
抱えている体の症状はばっらばら


たとえば、私と姉は同じピタ&ワータ。
同じ母親・父親から生まれました(笑)
姉は、ほっそくて、かるくて!

まるで20代!というスタイルを保ってます。
なのに私は・・・キョロキョロガーン


この二人が「同じドーシャ」だからといって
「ピタにお薦めの○○」を一緒にしてたって
体調が改善するとは思わないですよね?


持病や特性ががあれば、
いくらそのドーシャに良い
とされているものでも

「このケースは例外」ということがある。



「あなたはピタ」「ワータよ」
と言われると

「これが良い」「これが悪い」と
文字通りにやってしまいがち
なのが人間というもの。


ドーシャの特徴を知っておくことで
「あ、だからか」と、問題解決の糸口が
見つかったりするのは確かです。


ただ、
ドーシャにあまりとらわれないで

考えた方がよいのかな、
と私は思います。


穏やかな1日をお過ごしください虹

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP