スリランカに恋をした「日本がスリランカに救われた」話

アーユーボワンお願い


私がスリランカに恋したのは

ある感動的なお話を聞いたから。

教科書に載っているべきような話なのに

スリランカに来るまで、一切知りませんでした。

皆さんはご存知でしたか?

今の日本があるのは

あるスリランカ人に救われたから、ということを

その方とはJ.R.ジャヤワルダナ氏元大統領です。

第2次世界大戦後の1951年、サンフランシスコ講和会議に

当時大蔵大臣であったジャヤワルダナ氏は、

スリランカ代表として出席していました

日本の諸外国に対しの賠償を問われていた時で

戦勝国は日本を4つに分割し植民地化しよう

という声(分割占領案)が強まっていました。

しかし講和会議でジャヤワルダナ氏が演説し、

「対日賠償請求権を放棄」したのです。

その演説は、仏陀の言葉が用いられていました

人は 憎しみを憎みによっては越えられない

ただ愛によってのみ、憎しみを越えられる

~ ほんの一部を引用しています~

また、

アジアの将来にとって独立した日本が必要とも強調

これが参加国の多くの賛同を得て分割占領案は無くなり

日本は国際復帰への道が開かれたのです。

この演説があったから今の日本がある、

と言っても過言ではないですね

日本が世界で一番初めに、正式に外交関係を結んだのは

スリランカ、とも言われています。

また、ジャヤワルダナ氏は生前の遺言として、

右目の角膜を母国スリランカ人に。

左目の角膜を友好国である日本の方に送って欲しい

とおっしゃり、実際に日本の方に送られました

大切な両国をいつまでも見守っていたい

という気持ちが込められています

日本では知られていない話ですが、

恩を受けた日本人として

多くの人に知ってもらいたいお話。

お読みいただき有難うございます。

よい1日をお願いキラキラ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当店は完全予約制です。

予約
施術メニュー
スリランカ占星術

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

PAGE TOP