ドクターからもらった「宝物」とは

アーユーボワンお願い

今、このコロナによって色々な

状況・環境の変化や

生活に影響がでている。

自分の人生や

生活のこと、

考えますよね~。

「さて、どうしたもんか」

と考える時は大抵、

アーユルヴェーダ・ドクターの

ある言葉を思い出す。

それは、私が空回りをしていた時、

ドクターがお客様の問診に入る際に

通訳で入った時、

そのなかで繰り返し

何度も何度もでてきたメッセージ。

それは

「ヨガをしなさい」

「瞑想をしなさい」

よりも多い頻度で出てきたと思います。

その言葉とは

「Remove the uneccesary things」

= 必要でないものは排除しなさい、

ということ。

要は断捨離?かな。

不要な食べ物だったり

不要な不安だったり

頭を考えることだったり

仕事だったり、

人間関係も、

と言っていました。

食べる時に

「この食べ物は自分にとって必要?」

どうにもならないことに悩んでいて

「これって悩んでどうにかなること?」

傷つくことばかり言ってくる知人がいたら

「時にはお誘いを断ってみようかな?」

そうしていくと、

心・体にとって

良いことばかり

を吸収できるようになる。

とっても「生きやすくなる」

と思います。

この言葉は、私にとって

「大事な宝物」になっていて

何かに悩んだら

この言葉を思い出して

考えの整理をしています。

食べ物に関しても

この意識ができたら、

ブヨブヨ率が減るのにな(笑)

考えることや

悩むことも必要です。

でも、それが

「必要な考えなのか」

「悩むべき必要があるのか」

は、自分に問いてみるのも

良いかと思います。

心も体も健康でいる為にキラキラ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP