4月21日 ~あれから1年~ ⑤ シギリヤのお母さん

アーユボワンお願い

昨年4月21日にスリランカで起こった

テロ事件「イースター・アタック」直後に

スリランカへ渡った時の記録⑤。

スリランカに携わる仕事を始めて2年半、

年に2回は訪れていたスリランカだけど

知らなかった言葉「アリヤ」。

Aliya Resort (アリヤ・リゾート)

に到着し、その意味はすぐにわかりました。

それは、

宿泊した「アリヤ・リゾート」

象をモチーフにしたオブジェやデザインが可愛い!

また、開放感触れ、自然と一体化したホテル

客室にもバスタブがあり、夜は

スマホを片手にゆっくりリラックスできました。

翌日はまた早朝のスタート。

一番に訪れたのは

世界遺産「シギリヤ・ロック」

こちらも観光なし、セキュリティーの状況確認のみ。

シギリヤ・ロックの敷地に入るゲートが

降りているのを初めて目にしましまが、

ドライバーが会話をすこしして

「顔パス」で入場。

どうやらドライバーさん、何度も来ているから

セキュリティの人に覚えらえているのだとか。

さすがスリランカ大手の会社Jetwing です。

シギリヤ・ロック視察後、向かったのは

私の希望で視察・体験をお願いしていた

「ヴィレッジ・サファリ」

昔ながらの

伝統的&ローカルな生活を垣間見ることができる

体験型のプログラムです。

内容は・・・

①バロック・カート乗車体験 

 水牛の馬車で湖のほとりへ移動

②カタマラン・ボート乗車体験

 ボートに乗っている最中もボートを漕ぐスタッフが

 国花である「ロータスで創作をしてくれたり、

 シギリヤ・ロックを見たりと楽しめます。

伝統的料理体験

 伝統的な家屋にて、

 ”アンマ”” =シンハラ語で「お母さん」 から

 伝統料理を教えてもらい、作った料理をいただく

以上のプログラムです。

私は視察なので簡易verにしてもらいました。

そこの”アンマ”の笑顔がとても素敵!

「シオ」とか「カライ」とか「ちょっと」とか

訪れる観光客から覚えたのであろう

日本語を使いながら楽しませてくれました!

食後のセイロンティーをいただきながら

いくつか質問してみた

私    :  

テロが起こって生活はかわりましたか?

アンマ : 

生活スタイルは変わらないけど、

お客さんが少なくなってしまったわ

私   : 

生活をしていて危険を感じたり、怖さは感じますか。

アンマ :  

この辺は都市と違って、みんな顔なじみだし、

不審者がいたらすぐわかる。

今はアーミーが私たちを守ってくれている。

だからテロに怖いとは思わない。

それより何より

観光客がこのまま来なくなってしまう方が怖いわ。

そうよね。スリランカは観光国

観光客が来なくなったら

この国の人の生活は守られない。

政治もイマイチと聞くスリランカの人たちは

「アーミー」「観光客」に守られているのだ。

会話の最後、アンマ(お母さん)に、

「私日本に帰ったら

“スリランカはもう大丈夫。警備もしっかりされて、観光客を迎える準備は常にできている”

と伝えます。だから日本人のお客さんが来た際には

あなたのそのスマイルでウェルカムしてください」

そう言って、アンマとお別れをしました。

母国に悲惨なことが起きても

最高の笑顔でもてなしをしてくれた。

またお会いすることがないとしても、

「人を笑顔をする」

あのアンマの笑顔が消えないようにしたい。

そう思いながら 次の目的地

「アヌラーダプラ」へむかいました

~つづく~

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当店は完全予約制です。

予約
施術メニュー
スリランカ占星術

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

PAGE TOP